ホクロ除去体験記⑩~レーザー施術の治療費は総額いくら?(保険適用の場合)~

こんにちは!管理人のクロ子です。

先日、最後の診察を受けてきたので、これまでの治療費総額とともにご紹介しますね。

今回のポイントは、

  • ホクロ除去は本当に半年で終わるの?
  • レーザー治療を保険で受けると総額いくら?

の2点を中心に書いていきます。

☆前回までのあらすじ☆

頬の目立つところにあるホクロが、年々「なんか変な形」に育ってきていることに気付いた管理人クロ子。ついに一大決心をして美容皮膚科併設の美容外科でレーザー施術によるホクロ除去を受けるのであった。

初っ端から予約で苦戦したり施術後の薬塗り塗りが地味に面倒だったりしたものの、なんとか頑張ってホクロ除去跡のほとんど分からない状態にまで治ったところ。

念のため、1回分多めに通ってみることにした診察の最終日。はたして本当に半年前後でホクロ除去を終えられるのか。

※詳しくは前回の記事で→→『ホクロ除去体験記⑨~ホクロ除去治療を終える平均的タイミング~

ホクロ除去の最後の診察!治療は終えて大丈夫?

ホクロ除去のレーザー施術を行ったのが、去年の9月でした。最終診療日が5月だったので、だいたい8ヶ月の期間がかかっています。

ただ、私の傷の状態を見ると「ちょっと赤みがあるかな?」程度にまで治っていたため、前回(2ヶ月前)の診察で治療を終えることもできました。

つまり、人によっては半年丁度でホクロ除去の傷跡治療までを完了させることができる可能性は高いということ。

結構、傷跡が残りやすい私でもかなり治ったので、傷跡の残りにくい方なら半年あればきれいになるでしょう。

ちなみに、クリニックでの会話も前回と大差ありませんでした。様子を見て、医師にもうちょっと診察に通うか否か自分自身で決める流れです。

クロ子
どうですか?
クリニック
うん、良くなってますね。今日で最後にしても良いし、もう少し通っても良いけど?
クロ子
うーん、じゃあ、今日で最後にします!
クリニック
分かりました。薬が残ってたらまた塗り続けてくださいね。その分、薄くなりますから。
クロ子
はい!

まだ通っても良いらしいですが、個人的に前回の診察時と比べて傷の様子があまり変化していないような気がしたので。

自分はこれくらいで完治なのかな?と思い、ダラダラ通うのも面倒だし、と今回で最後にしました。

薬をもっと塗りたい(から、処方してほしい)人や、もうちょっと診察してほしい、という方はまだまだ診察に通うことができます。

病院によっては医師がOKを出すまで通わなければならないケースもあるかもしれません。ダラダラと診察を受け続けたくない方は、そういった口コミ(いつまでも診察が続くなど)のないクリニックを選びましょう。

自分で診察を止めるタイミングを決められるクリニックも、自分で本当に納得できる状態になるまでは面倒でも診察に通い続けましょう。薬が途中で切れたときは、相談すればまた処方してもらえます。

残った赤みは美肌エステで消せる?

今回が診察最終日なので、気になっていたことを聞いてみました。

ずばり、「美容サロンでよくある美肌エステ(ニキビ跡に効く系)で、ホクロ除去跡の赤みは軽減できる?」です。

ちょうど通っていたクリニックが美容皮膚科も併設しているため、ニキビ跡に聞く機械も豊富に揃えてありました。ニキビ跡に効く、というものなら、ホクロ除去後の赤みも消せるような気がしたので、最後に質問。

医師の答えは、

クリニック
いや、正直、ホクロ除去後の赤みにはそんなに効かないですね。

でした。

処方された薬を塗り続ける方法が、施術後の傷跡には最も経済的で確実だそうです。

美肌エステでホクロ除去後の傷跡を治療しようと考えたことのある方は、要注意。肌が健康になって多少は変化があるかもしれませんが、傷跡そのものにアプローチするかどうかを期待しないほうが良いそうです。

ホクロが大きくてどうしても傷跡の赤みが目立ちそう、と心配な方は、長期通院を覚悟するか、最初からホクロ除去後の傷跡治療にも力を入れているクリニックを選びましょう。

ホクロ除去(レーザー施術)を受けた治療費の総額

※保険適用された場合の金額です。自費治療(自由診療)で受けるとこれより高額になります。

  • 通院回数・・・7回(約8ヶ月)
  • 施術費(レーザー除去)・・・9,500円
  • 薬など・・・1,140円
  • 診察料・・・2,460円

施術費だけを見ると1万円程度ですが、診察費などを合わせると、13,100円。だいたい1万5千円程度を見ておくと良さそうです。

ただし、処方される薬の量や種類、診察料など料金に差が出る要素はいくつかあります。あくまで目安として考えてください。

たとえば私は薬を2回処方されてますが、治療が長期間になれば、追加で処方されて薬代が増すでしょう。薬の内容(ジェネリックかどうか)も費用を左右します。

また、施術費もクリニックごとに目安が異なります。1ミリ単位で変わるところや、ある程度の枠(3ミリ以下など)で決まっているところもあります。

保険が適用できるかどうかの確認はもちろん、金額の基準もチェックしてからホクロ除去の施術を受けるクリニックを決めましょう。

ホクロ除去のレーザー治療を終えて(これまでのまとめ)

私がホクロ除去をしたのは、顔のホクロでした。顔は体より治りやすいと医師に言われていたのですが、確かにケロイド体質で跡が残りやすい私でも、1年経たずに治療を終えられました。

ちなみに、現在の施術箇所の様子はこんな感じ。

あまり2ヶ月前と変わらないので、私の場合はこんなもんかな、と思っています。

医師によると地道に薬を塗り続けていれば、もっときれいに赤みがなくなるらしいです。完璧に傷跡を治したいと考える方は、半年以上の期間が必要だと考えてください。

メイクで隠れる程度の赤みなら、残っても良い方は、半年前後で治療を終えられる可能性は高いです。

今回、ホクロ除去をして良かったなと思った点は、以下のとおり。

  • 顔の悪目立ちする特徴がなくなった
  • 皮膚病の心配がなくなった
  • メイクがしやすい

やっぱり、一番は顔に変な特徴がなくなったことですね。私の場合、きれいな丸の形をしたホクロではなかったので、たまに「ゴミついてるよ」と言われることもありました。

そんな変な形だったので、メラノーマ(ホクロに良く似た皮膚病)など、病気だったらどうしようと心配になることも。除去した今は、少なくとも顔のホクロで皮膚病を心配することはないです。

また、ホクロってちょっと凹凸になってたりしませんか?私のホクロもちょっと隆起していたので、除去して滑らかになったのは嬉しいです。ベースメイクしやすいですね。

と、どちらかというと大きなメリットがある!というより、小さな喜びがいくつも見つかるのがホクロ除去です。一番大きいのは精神的なメリットなので、十分ホクロ除去する価値はあると思いますよ!

管理人のホクロ除去に対する体験談は、これにて一旦終了です。

とはいえ、今後もホクロ除去で興味深い情報があったらまとめていく予定なので、ホクロ除去をするか迷っている方は、また遊びに来てくださいね。




おすすめホクロ除去クリニック
>>おすすめのホクロ除去クリニック(厳選5院)<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です